切迫早産あれこれ

【入院】2週間が経って、変わったこと、気づいたこと…【妊娠8ヶ月・切迫早産】

早いもので、緊急入院が決定してから2週間が経ちました…

外の気温はこの2週間で30度を超えなくなっているし、昨日からは昼より夜の方が短くなったようです。院内に居るとわからないけど。

そんなこんなで2週間での体調・生活・思考の変化などなどに言及していきたいと思います。

体調の変化

正直、体感的には悪くも良くもなってない感じです。
そもそも、ここまで切羽詰まってると思って受診したわけではなかったのでそこまで重い自覚症状はなかった…

ただ、子供と接したり・外出したり…という必要性がなくなった分、動きすぎて疲れるお腹が張ることはなくなりました。安静にできてありがたい。

子宮頸管の変化

可もなく不可もなく。現状維持。

転院前の産院で、搬送が決まった時が1.1cm
転院後、今の総合病院で測って1.5cm

そして今日測って最短1.1cm〜ちょっと落ち着いて2cm
週数的に3cmはほしいことを思うと、やや不可寄りです。

子宮口もやや柔らかいらしいので、どう転んでも「可」ではなさそう…

肌の変化

これは大した話ではないのですが、肌がトゥルトゥルになりました…

消灯21時〜起床6時の規則的なサイクルになっているとはいえ、寝るのはあまり変わらず24時前後になることがほとんどなので、睡眠時間がたくさん取れているから…ではないと思います。

思い当たるのは、健康的な栄養バランスの食事
そして化粧を一切していないことでしょうか…。

スキンケアは、持ってくるのと管理が面倒なゆえに、化粧水美容液のみです。クリーム?保湿?なにそれおいしいの(家ではちゃんとしてました…)

ちなみに、化粧水は今年の夏に使い始めたばかりの雪肌精で、美容液は無印の薬用美白美容液です。

それにしても、化粧をしてないことが肌荒れ改善の理由だったとしたら、「昼は化粧をして夜はていねいなスキンケアを〜」なんていうのが大変な茶番になってしまう気がするんですけどどうしたらいいんでしょうか。

精神面の変化

相変わらず、メンタルはすぐに折れます。
最悪のパターンを考えるのが癖なので、死ぬかも…死んでるかも…と 考えない日はありません。

でも死ぬかもしれないなら、生きていたことを記録に残しておきたいとも思えるようになりました。
そういう動機でブログを書いています。(重い)

もうだめだ…とメソメソしているときは全くそんな気になりませんが、ちょっとでも動く気が出てきたら「何かを残す」ことに意識を向けたいと思っています。
が、基本的にネガティブかつ動くのが遅いタイプなので、思うだけで終わることも多くあります。

取り急ぎ、iPhoneに入っている家族の写真をフォトブックにするための作業はちまちましています。

が、記録作業もですが、退院したらやりたいことリスト作りなどなど、自分がやっているいろんなことが「死亡フラグ」に思えて仕方ないことはかなりあります。

生きて帰りたいし四人家族になりたいです…。

あわせて読みたい
【写真整理】スマホに増え続ける写真をしまうまプリントでフォトブックにしてみた。スマホから簡単!スマホに増え続ける(主に子供の)写真。 パソコンに移すとスマホの中身はスッキリしますが、せっかく撮ったのにデータとして残ってるだけじゃ...

お腹が空くようになった

最初1週間は、食事を目にするだけでかなり胸いっぱいになっていました。

2週間経った最近は、食事時間前からお腹が空きます。
食べ始めると、もっと食べたい!ってなります…

入院してすぐにごはんの量を150gから100gに減らしてもらいましたが、また増やしてもらうか考え中です。
でも、ご飯の量は据え置きで、好きなおつまみやお菓子を食べるというのも捨てがたい…

慣れ

点滴が入っていることへの慣れと諦め

最初の方は、点滴がある引っ掛からないようにとか動く時も寝る時も一生懸命考えていましたが、ある程度雑に扱っても大丈夫だということに気づいてからはあまり気にならなくなりました。
たまにどこかに引っ掛けて、おおっと…となることはありますが、大変なことになったことはまだないです。ちょっと引っ張られた段階で気づきます。

管の扱いには慣れましたが、テープ部分がかゆいのは慣れじゃどうしようもないです。
あと針の根元に圧迫されるのもかゆくなる…

これについては、針の角度を調整してもらったり、テープを貼る時に非アルコール性皮膜という皮膚保護剤を塗ってもらったりで対処しています。

まさかAmazonにあるとは。 これいつも塗ってもらっています

基本的に針交換は5日おきなのですが、テープは2日に1回ぐらい貼り替えてもらっているような…。1日2回貼り替えてもらったこともあります…

それでもどうにもだめなときは、保冷剤を借りて冷やすことで気を紛らわせています。

とはいえ、じわじわストレスになっているのは間違いなく、衝動的に全部剥がしたくなることもあります…

薬の副作用への慣れ

入院開始1週間ぐらいまでは、横になっても起き上がってもひどい頭痛に悩まされていました。つらかった。

が、気づけばそれがほとんどなくなっていました…というか2週間超えた今、全然ない。

今日は点滴を一度外して、5時間後にまた点滴開始となりましたが、それでも頭痛は起きませんでした。
薬の量が少なめだからかもしれませんが…

(私に1日に注入されているリトドリン塩酸塩の量は、入院当初から今までずっと72mgです。)

預けている娘のようす

なんだかんだ、私の実家で楽しくやっているようです。明日は、実家付近の保育園で一時預かりデビュー予定。

毎晩ではないにしろ、思い出した夜は「おかあさんにあいたい…」と言ってくれているらしい。
でもなんとか安心させた上で寝かせてくれているというので、ありがたい限りです。

2週間経って

それくらいですかね。
さらっとした記事になるつもりが案外長くなってしまいました。

毎日、あまり変わらない日々を送っているので、わざわざ毎日記事にするまでのこともなかったりするのですが なんとかやっています!

聞きたいことなど言いたいことなどあれば、コメントからでもTwitter (@yuriharun)からでも歓迎ですのでいつでもどうぞ〜!!