切迫早産記録

【入院】29w5dで頸管1.1cm、切迫早産で緊急搬送からの管理入院へ…

さて、前回の続きです。

健診日ではないながらも心配で診察を受けたら切迫早産と診断された…という話の救急搬送後の話になります。

あわせて読みたい
29w5d!健診日…じゃないけど心配が募ったので受診してみたら。さて!今日は健診…ではないのですけども。 ちょっと体調が悪いような…心配なような…気がするので、予約を取って診てもらうことにしまし...

総合病院に到着

救急入口から入り、救急搬送エリアをストレッチャーで通り過ぎる。

さすがに恐れをなしてしまって、この辺りはあまり周りを見てなかったのですが、そうそう機会もないだろうし一生懸命見ておけば良かったな

上階の産科病棟まで、エレベーターで移動します。
エレベーターなんて立ってしか乗ったことないよ…横になったままのエレベーターは違和感すごかったです。重力のかかり方が。

改めて経膣・経腹エコー

ストレッチャーから内診台へ。

頸管を測るも「あって1.5cm。少なくとも2cmはないので入院ですね」と言われる。

破水はしてないと言われたので破水検査もあったようだ。

内診台を降りるときに有無を言わさず病院着に着替えさせられ、そのまま経腹エコー。
これまた大きさを測ったり何したり。わりとじっくり見てくれたので安心かな

  • BPD(児頭大横径)7.61cm
  • FL(大腿骨長)5.18cm
  • AC(体幹周囲長)23.5cm
  • FW(推定胎児体重)1431g

胎児は、週数通りの成長をしていて、外見的には機能に問題はなさそうに見える、と言ってもらえた。

看護師さんをはじめスタッフさんがわらわらいて落ち着かないし、帰れもせずに入院宣告、夫も娘もおらず心細い…。

点滴を入れる

経腹エコーしながらすでに 即点滴…!!同時に採血も。
太めの針だったらしいけど、あまりに慌ただしすぎて、痛さとか覚えていない…

ただ、薬が入り始めた瞬間、心拍がめちゃくちゃ上がった。すぐ落ち着いたけど、ちょっと怖かった…

内服薬でもおなじみのウテメリン(リトドリン塩酸塩)です。

機械で注入量を管理する点滴で、精密持続点滴注射というらしい。
5日おきに刺しかえとのことで、5日で退院できるのかな?と希望を抱く。

今後しばらくは、点滴と24時間共に過ごすことに。

管理入院決定

ということで、薬での管理と安静をもって様子見をするため、切迫早産で入院が決定。
(救急車で運ばれた時点でそもそも帰れないことは決まってたような気はする

外出は入院部屋〜病棟フロア内まで。他の階や売店へ行くのはダメなようです。

入院の決め手

決め手!ってなんやねんって感じですけどね…。

頸管がとても短い

この時期(29週)ぐらいだと、4cmくらいあるのが普通で、3cm切ったら短いそうだ。
3cm以下で短いのなら、1cmじゃ仕方ないですね…。

経産婦である

どんな経過で1.1cmまで短くなったのかわからないけど、1.1cmまで短くなったのと同じように、どんどん短くなるかもしれない。そうすると止められないかもしれない

特に経産婦さんはお産の進みが早くなりがちだから、管理したほうがいい、と。

入院の期間

とりあえず2週間

さすがに点滴針1サイクルの5での退院は無理かー…と思ったけど、2週間なら…!!!

ちょっと休むくらいでしょ?と、不安ながらもやや呑気…。

病室に入ってから

協調性がないし他人の影響を受けやすいので大部屋は無理…
と言いたいところですが、個室は1日あたり7000(保険適用外)

入院が長期になることも予想されるため、どーーーーーしても無理になったら個室に移ることにして、やむなく大部屋へ…

さっそく昼食

朝の10時半ごろに病院に到着し、いろいろが終わる頃にはもうお昼…さっそく昼食が出るとのこと。

ここ数日ラーメンが食べたくて仕方なかったので、今日はこのあとラーメン食べに行くかな〜とか思ってたら… 冷やし中華出てなんか笑った。

入院にあたって他の検査

  • 心電図
  • 胸部レントゲン

あとは上でも書いた、採血膣内細菌検査ぐらいですかね…。

心電図とレントゲンは、もし緊急手術が必要になったときに慌てなくていいように、事前にデータを取っておくのが目的だと言われた。

前準備もなく…困ったこと

子供の預け先

一番困ったのはこれ。候補は夫の完全ワンオペ私の実家
夫の実家は、お母さんは他界、お父さんはフルタイムで働いているので無理です。

理想は、娘保育園&夫のワンオペで家族内完結。
ですが、夫は長距離の車通勤。最低でも7:30〜19:30は仕事に拘束されます。
緊急で配慮してもらえるかもとはいえ、待機児童のいる地域です。運良く入れても保育園の送迎もかなりギリギリ…か、最大まで引き延ばしても正直無理。
そしてほぼ休みなく保育園仕事娘の世話私の世話になる。倒れかねない…

次の候補、私の実家
自分の子供時代の経験から、親を信用しきれていないところがあり、心理的障壁が…。
その心理的障壁がなければ、お願いしまーす!!!と言えてただろうけど、なかなか悩みます。親に頼りたくない。任せられない気がする。…

思いがいろいろあり、悩みましたが…明日からも生活をしていかなければならない…。
悩んだ末、とりあえず、一週間は私の実家が確定
その間に、保育園とかなんとかを含め、今後のことをゆっくり考えよう…ということになりました。

荷物がない

そもそもこんなことになると思ってなかったので何も用意してない。

着替え、洗面用品、ほか何がいるっけ…?
わからないながら土壇場で揃える。

仕方がないので、シャンプーリンス、歯ブラシなどは売店に買いに行く…わけにもいかず、買ってきてもらう。

他心配事

  • 出産準備をしてない
  • いつ退院できるかわからない
  • 上の子の精神状態が気になる
  • 私の精神状態も気になる
  • 入院費用が気になる

などなど… 挙げだしたらきりないですね。

1日の終わりに

夫が慌ただしく自宅と病院を往復して、なんとか服やらタオルやらを持ち込み。
実母も来てくれ、売店で歯ブラシやティッシュ、お水などを買ってくれました…。
面会時間ギリギリに義父も来てくれて。夫をぜひこきつかってねとのこと。ちょっと笑った。

あとはなにより、全く未知の病院という場所、であれやこれやされる姿をただ見ていた娘が痛々しくて…
別れるときも何か押さえ込んだ表情に見えて…。
ここ最近は私の心と体がついていかないために育児辛いとか思ってたのも忘れてうわーーーーん娘ーーーーー!!みたいな…。

そして消灯がなんと21。起床は6時です…

突然の入院、環境の変化や不安ですぐに眠れるはずもなく…
結局3時ぐらいに寝付いた、と、思います。これからどうなってしまうのだろう…。